2016
03/18

COMMENTS:
No Comments »

需要が高まるヘルパーの実態

今の時代にはヘルパーが必要不可欠です。介護施設は高齢者を中心に入居者で溢れかえっています。それでも少子高齢社会は待ったなしに進んでいますので、仕事内容もその時々に合わせて改正しなければなりません。スタッフは常に人手不足に悩まされており、現場としては30人以上の利用者を抱えていると仕事が滞ってしまいます。そのためには仕事内容は変わらなくても社内教育が重要になるでしょう。その間も高齢者の出入りは止まることなく進みます。
高齢者を受け入れるためにはスタッフを教育する時間が求められますが、未経験者と経験者では内容も変わります。未経験者が多いと教えないといけない内容が多いですが、経験者の場合はある程度仕事のやり方を教えたら、進んで仕事を行えるでしょう。ヘルパーとしては介護の仕事をする場合、常に決まった事しかやらないことが多いようですが、介護施設で働く以上は不測の事態と隣り合わせになります。仕事内容はヘルパーとして一日の仕事スケジュールとして管理されていますが、スケジュール通りにならない事がほとんどです。入居者は高齢者ばかりなので、体調不良など不測の事態は想定されます。介護スタッフだけでなく、医療機関と連携している場合は指示も煽いで病院に受診などが増えます。仕事はスケジュール通りに進むものの、チームワークが不可欠です。夜間のスタッフとの引継ぎが一日の最後の作業になりますが、夜間帯の方がより慎重に行う必要があります。介護施設は24時間医療機関、自治体などと連携する環境が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です